ママのお部屋

Hawaiian Livehouse Waiiha

 

Minna no Ouchi Project

 

→Home    →System    →Musician    →Player    →Hula    →Schedule    →Access

 

         

古舘忠士

 

古舘忠志(フルダテ・タダシ)

 大塚龍男とパーム・セレナーダース,白石信とナレオ・ハワイアンズ,バッキー白片Jr.と

 アロハ・ハワイアンズに在籍し、以後独自のハワイアンバンドを立ち上げる。

 1994年にMango Patchband結成し、1998年まで活躍する。

 その後、現在のバンド Aloha Pumehana を立ち上げ、ボーカル,ギター,ベース,

 ウクレレ,スチールギターと多才である。

 デニス・パバオ,チンキー・マホエ,ドリック・ヤリス,クーイポ・クムカヒ,Makaha Sonsの

 ムーン・カウアカヒ,シャリーン・キャンベルなど多数のハワイミュージシャンと交流があり

 演奏のサポートなど広範囲に活躍中。

 ウクレレ・ベース・ギター・歌の教室も増え、バンド育成も手がけている。 


白片タケシ

 

白片タケシ(シラカタ・タケシ)

 皆様ご存知のバッキー白片氏の四男。

 ジャズバンドでの経験を活かし、バッキー白片とアロハ・ハワイアンズに参加する。

 バッキー白片氏没後は、父の遺志を継ぎ、バッキー白片Jr.とアロハ・ハワイアンズの

 リーダーとして活躍。ギター、ヴォーカルを担当する。

 音楽センスの良さには定評があり、ハワイアン音楽CDのプロデュースや編曲に多数

 たずさわる。2009年6月発売のCD 『 夏のおもいで 〜Remember of Buckie〜 』に

 おいて石原慎太郎氏作詞の未発表曲「夏の夜の思いで」の作曲を担当。

 ハワイアンのみならず、他ジャンルの演奏サポートに長け「スイング・ハワイアンズ」や

 女性バンド「ザ・レインボー」などのサポートには欠かせない存在である。


金田栄一

 

金田栄一(カネダ・エイイチ)

 千住ハワイアンセミナー主宰

 女性スチールギタリスト関万里子のグループを経て白石信とナレオハワイアンズに加入。

 その後、衛藤かをり、清水峰生など数多くのミュージシャンとセッションを重ね、

 ハワイの大御所ジェノア・ケアヴェ来日の際にはスチールギターで参加し、

 多くのステージを勤める。

 楽器は多種にわたり、現在もマルチプレーヤーとして、都内を中心に活躍中。

 歌舞伎講座の第一人者として、松竹蠡犲匕紊盥岷蕕篌紘活動を行っている。

 

 


叶 央介

  ( Kainui )

 

叶央介(カイヌイ・カノウ・オウスケ)

 

 

 1956年福岡県生まれ。中学時代に「吉田拓郎」の音楽に出会いギターを弾き始める。

 1978年ヴォーカルグループ「サーカス」のメンバーとしてキャリアをスタート。

 日本を代表するヴォーカルグループとして、その活躍は周知の通りだが、2013年の

 35周年を機にサーカスを離れ新たな道を歩き出した。原順子とのユニット2VOICE」や

 日本最強の女性コーラスとの呼び声も高い「The Coconut Cups」をプロデュースする。

 原始的な「音」によるコミュニケーションを大切に「大人の時代に相応しい大人のための

 上質な音楽を!」ポリシーに自身のソロライブを行うなどその活動は多岐に渡っている。

 名前のKainui とはHawaiiの言葉で「大きな海」と言う意味。たおやかなHawaiiの風を

 表現できる日本では数少ない本格的ハワイアンヴォーカリストとして注目を集めている。

 

 

 

waiiha-official