SENJYU HAWAIIAN SEMINAR 

 

千住ハワイアンセミナー                            since 2012

    

 

 

 

Home

コンセプト

プロフィール
セミナー概要
イベント活動
ライブ等活動
課外活動

金田栄一のプロフィールです。

私とハワイ音楽との付き合いは、高校1年の時にウクレレを買ったところから始まります。当時は

第一次エレキブームといわれ、ビートルズとベンチャーズの全盛期。学校では休み時間に入ると

一斉にエレキの音が響き渡り、腕自慢の大競演が毎日繰り広げられていました。私もビートルズに

熱狂しエレキが欲しくて仕方がない少年でしたが、当時1万数千円もしたギターとアンプのセットは

ちょっと手が出せません。1,800円で買ったウクレレを独習で覚え、やがて手頃なクラシックギターを

手に入れ練習!ベンチャーズのさわりが弾けるようになって腕自慢に参加し始めた頃、同級生から

「僕達のバンドに入らない?ハワイアンなんだけど…。」と声がかかり、勿論「やる!」。実はギター

ばかりでなく、ハワイアンのあのスチールギターの独特の音色が大好きだったのです。という訳で

高校2年の夏、ハワイアンギター担当でバンド活動を始めました。毎週日曜にリーダー宅に集まり

7〜8時間の練習を続け、大学に進んでからは上野のビアガーデンに出演することもできました。

大学3年の夏には、プロのバンドに参加することに

なりました。「関万里子とパイナップルプリンセス」と

いう女性だけで結成されたバンドがありましたが、

このメンバーを、関さん以外男性メンバーで再結成

するというので、私を含め大学生3人が入りました。

しかし、残念なことにこのバンドは、関さんの引退に

より約1年で解散してしまいました。

pineapple.GIF

就職の決まっていなかった大学4年の秋に何と一流のバンドからお声が掛かりました。

「白石信とナレオハワイアンズ」といえば当時の超有名バンドで、男性5人がビシッとしたスーツを

着込んだステージは実に格好よく私もファンのひとり。その白石さんが、ベース弾きを探していると

いうので「是非やらせて下さい」と立候補。早速、憧れのユニホームを着ることになりましたが、

松竹入社が決定し、せっかく入ったバンドも半年で辞めることになりました。

社会人になってから忙しく、演奏活動から遠ざかる

時期もありましたが、衛藤かをり、清水峰生、など

多くのミュージシャンとセッションを重ね、ハワイの

大御所ジェノア・ケアヴェの来日時にはスチールで

参加して、多くのステージを勤めました。

「クレストフォー・シンガーズ」というジャズグループと

年に数回客演させていただくこともありました。

with_jenoa.GIF

近年になって、住いを城東地域にうつしたのをきっかけに近場でハワイアンの楽しめる所はないか

と検索したところ、ハワイアンライブハウス「Waiiha」を発見!どんなお店かと訪れてみると、銀座で

お客同士としての知り合ったママがオーナーだったのでびっくり!何だか北千住に縁があるなぁと

思ったのを皮切りに、40年来のハワイアン関係者に再会することが多くなりました。

そんな「Waiiha」で、ウクレレで歌ってソロをちょっと聞かせることをやってみたいと思い、2011年

1月から「ウクレレ登龍門」をスタートし、その後、国外・国内を問わず、60年代の音楽をみんなで

一緒に楽しめる「ナンデモありの60年代!」もスタートし、本格的にライブ活動を続けている過程で

ハワイアンを教わりたい人が多いことに気づきましたので、この度、千住ハワイアンセミナーを開設

するに至りました。セミナーの詳しい内容は、コンセプトを読んで下さい。